ログアウト

住まいQ&Aを検索

活躍中の宅建士ランキング

ajnt

1位

阪口 修一

宅建士

大阪府

ajnt

2位

愛知県

ajnt

3位

佐野 友美

宅建士

静岡県

ajnt

4位

鷹野 泰子

宅建士

神奈川県

ajnt

5位

山内 和重

宅建士

新潟県

ajnt

6位

水野 崇

宅建士

東京都

ajnt

7位

小川 雄大

宅建士

東京都

ajnt

8位

橋本 好美

宅建士

東京都

ajnt

9位

宮﨑 慎史

宅建士

福岡県

ajnt

10位

小田 篤史

宅建士

兵庫県

ajnt

11位

東京都

※過去60日間の回答数を集計

※1ベストアンサー = 3回答分に換算して集計

※毎日午前0時に集計結果を更新

もっと見る

Q.不動産の住み替えるなら売却が先か購入が先か?

不動産売却 > 住替え

2024/01/07

自宅を売却して住み替えする場合、売却と購入どちらが先でしょうか。ちなみに残債はありません。

エルモ さん

ベストアンサーに選ばれた回答

medal
agentImage

佐野 友美 宅建士,行政書士,FP2級

不動産コンサルタント | 静岡県

宅建士で行政書士の佐野と申します。

【回答】 
質問者さんの住み替えたい理由により、回答が変わります。

■より良い住環境を求めるなど、積極的な理由での住み替えであれば、「購入」を先に行うことをおすすめします。
 →◎希望の物件を求めやすい
 →◎引越しも1度で済む
 →✕売却時、想定価格で売却できない場合は計画が狂います
※売却代金の想定は、慎重に行う必要があります。

■家族形態の変化等で、住まいの規模を縮小したいなどの場合は、「売却」を先に行うことをおすすめします。
 →◎購入の資金計画が明瞭になりやすい(安心)
 →✕売却が長引く可能性あり
 →✕仮住まい+引越しが2度になる可能性あり
※空室か、居住中かでは、空室の方がお客様の印象が良く、案内のアポもとりやすい


ローンが残っている状況+金銭的なゆとりが少ない状況であれば、おすすめは、売却先行のほぼ一択です。
(現住居が「人気地」にある場合は除きます)

ご質問の内容では残債も無いとのことですから、どちらの方法も選択は可能そうですね。

以上、回答いたします。

2024/01/09 23:07

その他の回答

agentImage

朝倉 多恵子 宅建士,FP3級,賃貸不動産経営管理士

小舟ガーデン株式会社 | 愛知県

【エルモ】様

はじめまして朝倉でございます。

【不動産の住み替えるなら売却が先か購入が先か?自宅を売却して住み替えする場合、売却と購入どちらが先でしょうか。ちなみに残債はありません。】について


【結果】

購入先行→手持ち資金に余裕がある
同時進行→すでに欲しい物件がある
売却先行→しっかりと資金計画を立てたい

【購入先行の長所短所】

長所
* じっくりと新居を探すことができる
* 仮住まいの心配がない
* 内覧時は空き家になるので、気持ち的に余裕が持てる

短所
* 売却を早めようとして、希望よりも売値を下げ過ぎてしまうかもしれない
* 場合によっては、住宅ローンを二重に返済しなければいけなくなる


【売却先行の長所短所】

長所
* 新居の購入資金を確保できるので、計画が立てやすい
* 売却代金は、これまで住んでいた家の住宅ローンの返済に充てることができる
* 売り急ぐ必要がないので、余裕を持って買主と交渉できる

短所
* 購入物件が見つからない、新居が完成しない場合は、賃貸の仮住まいが必要
* 場合によっては、二度の引っ越し費用がかかる


【まとめ】

一概にどっちがいいのかはそれぞれの状況によって変わってくるのでどちらかを決めることができないので長所・短所を確認してください。

参考になれば嬉しいです。

以上です。

2024/01/09 07:20

この投稿は、2024年01月09日時点の情報です。

ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

活躍中の宅建士ランキング

ajnt

1位

阪口 修一

宅建士

大阪府

ajnt

2位

愛知県

ajnt

3位

佐野 友美

宅建士

静岡県

ajnt

4位

鷹野 泰子

宅建士

神奈川県

ajnt

5位

山内 和重

宅建士

新潟県

ajnt

6位

水野 崇

宅建士

東京都

ajnt

7位

小川 雄大

宅建士

東京都

ajnt

8位

橋本 好美

宅建士

東京都

ajnt

9位

宮﨑 慎史

宅建士

福岡県

ajnt

10位

小田 篤史

宅建士

兵庫県

ajnt

11位

東京都

※過去60日間の回答数を集計

※1ベストアンサー = 3回答分に換算して集計

※毎日午前0時に集計結果を更新

もっと見る

その他の『不動産売却Q&A』

Q.戸建、マンション等の住宅を売却する時の必要書類

不動産売却 > その他不動産売却一般

戸建、マンション等の住宅を売却する時の必要書類について教えて頂けますか。沢山ありそうです。

回答 : 2

ベストアンサー

2023/09/25

Q.遠方で現地に行けない場合の売却方法についてアドバイスお願いします

不動産売却 > その他不動産売却一般

妻の父が亡くなり、妻が実家を相続することになりました。実家は遠方で、立会いや契約に簡単に行くことが出来ません。この場合、オンラインや郵送等によるやり取りのみで不動産屋さんに全てを任せて売却することは出来ますか?

回答 : 2

ベストアンサー

2022/09/11

Q.不動産売却で火災保険を買主に引き継ぐことはできますか?

不動産売却 > その他不動産売却一般

火災保険10年一括契約の5年目でマンション売却する場合、名義変更等をすれば買主に保険を引き継げるのでしょうか?それとも一般的には解約する形になりますか?

回答 : 3

ベストアンサー

2023/02/14

Q.不動産売却、思ったより手残りが少ない

不動産売却 > その他不動産売却一般

不動産売却、思ったより手残りが少ないのですが、、売却費用のうち何割程度が残るものなのでしょうか。

回答 : 4

ベストアンサー

2023/09/18

Q.自宅を売却して利益が出た時いくらから税金がかかる?

不動産売却 > その他不動産売却一般

自宅の売却を考えているのですがいろいろ控除があるみたいですがどれくらいの利益が出た場合税金がかかるのでしょうか?

回答 : 2

2023/06/24

Q.家の売却で値下げのタイミングは?

不動産売却 > その他不動産売却一般

仲介業者と一般媒介契約を結び家の売却を開始したら、最低どのくらいの期間は値下げしない方がいいですか?逆にベストな値下げのタイミングはいつくらいが適当ですか?

ちなみに売却開始から引き渡しまでの期間を最大1年のイメージで考えています。

ご回答よろしくお願いいたします。

回答 : 1

2023/08/30

Q.転勤が決まったら自宅を売却か賃貸か

不動産売却 > その他不動産売却一般

千葉県に新築戸建てを建てたばかりですが、九州への転勤が決まりました。家族帯同で転勤先へ引っ越すこととしたため、持ち家を「売却する」または「リロケーションで貸し出す」の2択で悩んでいます。宅建士の視点から、それぞれのメリット・デメリットを教えてください。なお、転勤先では、借り上げ社宅に入居予定であり、転勤から戻る時期は未定です。

回答 : 2

2023/04/14

Q.親族の保有する土地の共有持分を勝手に売却しても大丈夫ですか?

不動産売却 > その他不動産売却一般

親の土地を私と妹で持分2分の1ずつ相続しました。私は、妹の持分を含めて土地全てを売却したいのですが妹は土地の売却に乗り気ではありません。聞いたところによると、妹の持分を自分の持分と一緒に売却したければ、民法上は「他人物売買」とかいう規範の元で私が勝手に売却してしまうことも一応認められているらしいのですが、そうなのですか?本当にそんなことしてしまって大丈夫なのでしょうか??

回答 : 3

ベストアンサー

2022/10/19

もっと見る
質問する
OlivviA

日本最大級の
住まい相談ポータル