ログアウト

住まいQ&Aを検索

活躍中の宅建士ランキング

ajnt

1位

阪口 修一

宅建士

大阪府

ajnt

2位

山内 和重

宅建士

新潟県

ajnt

3位

橋本 好美

宅建士

東京都

ajnt

4位

愛知県

ajnt

5位

小田 篤史

宅建士

兵庫県

ajnt

6位

鷹野 泰子

宅建士

神奈川県

ajnt

7位

水野 崇

宅建士

東京都

ajnt

8位

小川 雄大

宅建士

東京都

ajnt

9位

宮﨑 慎史

宅建士

福岡県

ajnt

10位

東京都

ajnt

10位

佐野 友美

宅建士

静岡県

※過去60日間の回答数を集計

※1ベストアンサー = 3回答分に換算して集計

※毎日午前0時に集計結果を更新

もっと見る

Q.マンションを売るタイミングについて

不動産売却 > 住替え

2023/12/17

マンションを売却予定ですが、一番よいタイミングはいつでしょうか。時期も2-3月に売り出すのが一番いいですか?

パイナップル さん

ベストアンサーに選ばれた回答

medal
agentImage

阪口 修一 宅建士,公認 不動産コンサルティングマスター

エスアール・パートナーズ株式会社 | 大阪府

パイナップルさん、はじめまして。

マンションを売却する際の最適なタイミングは、いくつかの要因に依存します。
一般的に、不動産市場は季節や経済状況、地域の需要などによって影響を受けます。
以下のポイントを考慮してください。

1. 市場状況
不動産市場が活発な時期に売却することが望ましいです。
市場が上昇している時は、より高い価格で売却できる可能性があります。

2. 季節性
一般的に、春(2-3月)は不動産市場にとって良い季節とされています。
これは新年度の始まりや転勤シーズンと重なるため、新しい住居を探している人が多いからです。

3. 地域の需要
売却するマンションの地域によっても最適な時期は異なります。
地域の市場動向を調べ、需要が高まる時期を見極めることが重要です。
また、同じ地域での供給状況(供給過剰)には注意が必要です。
特に同じマンション内での販売物件が多い場合、価格に影響を受ける可能性が高くなりますので、注意が必要です。

4. 経済状況
経済全体の状況も重要です。
例えば、低金利の時期は住宅ローンが借りやすく、不動産の需要が高まる可能性があります。
また、税制優遇がある時期やその期限が到来している時期は駆け込み需要があります。
過去の例では消費税の増税直前は市場は盛況になりました。

5. 個人の状況
最終的には、ご自身の状況も考慮する必要があります。
財政状況や新しい住居への移動計画など、個人的な要因も売却のタイミングを決定する上で重要です。
ご自身や家族のライフプランが売却の一番適切なタイミングです。

これらの要因を踏まえ、不動産専門家や不動産会社と相談し、最適な売却タイミングを決定することをお勧めします。
また、地域によっては特定の時期に市場が特に活発になることもあるため、地元の市場動向を調査することも有効です。

2023/12/19 10:04

その他の回答

agentImage

佐野 友美 宅建士,行政書士,FP2級

不動産コンサルタント | 静岡県

宅建士で行政書士の佐野と申します。

【回答】 
信頼できそうな地元の宅建業者にご相談することをおすすめします

【説明】
確かに不動産取引が活発になる時期はありますが、活発じゃないときでも不動産は売れています。
ということは大事なのはタイミングよりも、需要の把握の方かもしれません。

質問者さんの物件が需要の高いものであれば、早ければ早い方が、高く売れる可能性があります。(「今」が一番築年数が若い)
この点、地元で活動している宅建業者であれば、需要、相場、タイミング、全てにおいてアドバイスしてくれるはずです。

以上、回答いたします。

2024/01/06 02:20

この投稿は、2024年01月06日時点の情報です。

ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

活躍中の宅建士ランキング

ajnt

1位

阪口 修一

宅建士

大阪府

ajnt

2位

山内 和重

宅建士

新潟県

ajnt

3位

橋本 好美

宅建士

東京都

ajnt

4位

愛知県

ajnt

5位

小田 篤史

宅建士

兵庫県

ajnt

6位

鷹野 泰子

宅建士

神奈川県

ajnt

7位

水野 崇

宅建士

東京都

ajnt

8位

小川 雄大

宅建士

東京都

ajnt

9位

宮﨑 慎史

宅建士

福岡県

ajnt

10位

東京都

ajnt

10位

佐野 友美

宅建士

静岡県

※過去60日間の回答数を集計

※1ベストアンサー = 3回答分に換算して集計

※毎日午前0時に集計結果を更新

もっと見る

その他の『不動産売却Q&A』

Q.不動産売却で売主が広告費を負担する場合とは?

不動産売却 > その他不動産売却一般

不動産売却で売主が広告費を自腹で負担すべき場合としてどのような場合がありますか?例えば、売主の希望で売り出し価格を下げたことで物件チラシ等を作り直す必要が出てくればその費用は売主負担となりますか?

回答 : 2

2022/11/12

Q.軟弱地盤の土地かどうかの判断基準について

不動産売却 > その他不動産売却一般

山の麓付近の傾斜地を保有しています。土地売却後に軟弱地盤と発覚した場合には売主が責任を追及されることがあると聞きました。

売却に出す前に軟弱地盤の土地かどうかの確認判断を業者に依頼すべきですか。
その際、依頼する業者によって判断基準が異なることはありますか。

また、軟弱地盤の土地かどうかの確認判断をせずに土地売却をしてもその後責任追及をされないような売却方法はあるかについても知りたいです。

よろしくお願いします。

回答 : 1

2023/09/07

Q.自宅買い替えと賃貸運用して資産を残しつつローン返済、どっちがよい?

不動産売却 > その他不動産売却一般

現在、千葉県で築10年の分譲マンションを保有しており、ローンの完済が近い状態です。今回、子供が増えた事で一軒家の購入を検討しており、現在のマンションを売却し新規購入資金に充てるか、マンションを賃貸に出して新築一軒家のローンに補填するか迷っています。今回、試しに一軒家の見積もりを取得した所、想定を大きく超えた金額が出てきた為、判断が難しくなっております。保有マンションは複数棟合わせて1000世帯以上が住む物件で資産価値も高い物件と認識しております。

マンションの条件は以下の通りです
売却予想>4000-5000万円
賃貸予想>月額17-19万円

新規購入一軒家の内容(上物と外構総額)6900万円
土  地>保有済み
年  収>800万円+賃貸物件1棟(600万円程度)


確認したい内容は次の1-2の中でどれが一番マンションを有効に活用できるかです。
1.マンションを売却し新築購入資金とする(不動産売却益2000万円程度と予想)
2.マンションを賃貸し新築ローンに補填
  <新築ローン 頭金1000万円程度・固定金利・借入期間25年>


【自分で考えているメリットデメリット】
売却メリットは、売却益非課税枠・ローン借入額を最小限に出来る
売却デメリットは、資産を手放す

賃貸メリットは、ローン補填、減価償却による減税、資産としての保有
賃貸デメリットは、借入金が高額となる、空室リスク、人口減少リスク、地政学的リスク他・・・

賃貸はいろいろと考えるとリスクは多いですが、資産を残しつつローン返済が出来る点
は魅力に感じております。

以上です。よろしくお願い致します。

回答 : 2

ベストアンサー

2023/11/13

Q.土地の権利書がなくても売れますか?

不動産売却 > その他不動産売却一般

土地の権利書をなくしてしまいました。土地を売却することはできるでしょうか。

回答 : 2

ベストアンサー

2023/11/23

Q.亡くなった親の家を売る際の税金特例はどんなですか?

不動産売却 > その他不動産売却一般

親の死後に親の家を売るときの税金の特例について知りたいです。通常時の家の売却に比べてどのくらい払う税金が安くなりますか。

よろしくお願いします。

回答 : 1

2024/01/09

Q.専任媒介でレインズに登録しない場合に罰則はありますか?

不動産売却 > その他不動産売却一般

専任媒介契約を結んだ業者が物件情報をレインズに載せないのは違法とのことですが、
そのようなレインズ登録義務違反についての罰則は法律上規定されているのでしょうか?

もしくは所属する宅建協会からペナルティを受けることになるのでしょうか?

回答 : 1

2024/01/17

Q.現況測量図と確定測量図とでは何が違うのか?

不動産売却 > その他不動産売却一般

土地の売買で、売主側に売主側の負担で確定測量図の作成を求めることは可能か?

回答 : 1

2023/05/02

Q.不動産売却で印鑑証明は何通必要になりますか?

不動産売却 > その他不動産売却一般

印鑑証明書は何通用意しておけばいいか教えてください。
売却時におけるそれぞれの使用用途についても教えてください。

回答 : 2

ベストアンサー

2024/02/17

もっと見る
質問する
OlivviA

日本最大級の
住まい相談ポータル