ログアウト

住まいQ&Aを検索

活躍中の宅建士ランキング

ajnt

1位

阪口 修一

宅建士

大阪府

ajnt

2位

愛知県

ajnt

3位

佐野 友美

宅建士

静岡県

ajnt

4位

鷹野 泰子

宅建士

神奈川県

ajnt

5位

山内 和重

宅建士

新潟県

ajnt

6位

水野 崇

宅建士

東京都

ajnt

7位

小川 雄大

宅建士

東京都

ajnt

8位

橋本 好美

宅建士

東京都

ajnt

9位

宮﨑 慎史

宅建士

福岡県

ajnt

10位

小田 篤史

宅建士

兵庫県

ajnt

11位

東京都

※過去60日間の回答数を集計

※1ベストアンサー = 3回答分に換算して集計

※毎日午前0時に集計結果を更新

もっと見る

Q.一般媒介契約のデメリットとは?

一般媒介契約だと不動産会社が販売活動になかなか本腰を入れてくれないというのは本当なのでしょうか?物件の種別や魅力にも寄りますか?

そのほか売主視点で一般媒介での売却にはどのようなデメリットがあるかについて、なるべく詳しく教えていただけると助かります。

どうぞよろしくお願いいたします。

woman

ペスカトーレ さん

ベストアンサーに選ばれた回答

medal
agentImage

宮﨑 慎史 宅建士,管理業務主任者

RE/MAX Revo | 福岡県

RE/MAX Revoの宮﨑です。
一般媒介では複数の不動産会社と契約が締結できるため、1社に依存することなく売却活動ができるというメリットがあります。ただし、専任媒介や専属専任媒介に比べると不動産会社が時間と広告費をかけて販売活動がしにくいというデメリットがあります。

不動産仲介業社は成功報酬となるため、時間とお金をかけて販売活動をした結果、他社がその物件を売却してしまうと赤字になってしまうからです。

また、一般媒介では複数の不動産会社から色んな情報が入ってくるので、ご自身で状況管理や何が正しいのか判断する必要あります。そのため専任や専属専任と比べて多少手間がかかるということがデメリットとなります。

私が売主様から売却の相談を受けた際は、売主様の希望や物件に応じた販売戦略を説明し、ご納得いただけたら専任媒介又は専属専任媒介を推奨しております。ただし、他社の販売戦略も聞いてみたい、契約後の動きをみてどの会社に依頼するか判断したいという方におかれましては一般媒介で契約するようにしています。
以上、参考にしていただければ幸いです。

2023/02/10 15:21

その他の回答

agentImage

山内 和重 宅建士,FP1級,CFP®️,公認 不動産コンサルティングマスター

不動産コンサルタント | 新潟県

ペスカトーレさん、こんにちは。

一般媒介契約は、複数の不動産業者に媒介を依頼できるので、一見、買手が見つかりやすいように感じますが、実はデメリットが多いのも事実です。
デメリットとしては次の点が挙げられます。
①不動産業者は、依頼を受けた物件が自分たちの会社で売却できるか分からないので積極的な営業活動をしていない可能性がある。
②レインズ(不動産業者だけが見れる情報サイトのようなもの)への登録義務がないので物件情報が広がりにくい。
③販売状況の報告義務がないので不動産業者がどんな活動をしているか売主としてわかりずらい。

一方、一般媒介契約でのメリットは、希少性のある物件や人気の物件などを売却する場合です。
競争原理を利用することができ、売主は、一番条件いい買主を見つけてくれた不動産業者と取引をするという選択ができます。
その結果よりよい条件で売却できる可能性が高くなります。

このように、一般媒介契約には、メリットとデメリットがありますので、売却される物件の特色や希少性などを考えた上で、一般媒介契約にされるかどうかの判断をすべきだと思います。

2023/02/10 14:51

その他の回答

agentImage

杉谷 健悟 宅建士,FP2級,証券外務員一種

株式会社トムスエージェンシー | 東京都

案件にもよりますが、相談者様のご認識で概ね間違いがないです。
一般媒介では不動産業者はあまり力を入れないことが多いです。

理由は明白で、多くの場合、一般媒介契約は他の業者にも任せることが前提の契約だからです。
業者としても採算を考えてビジネスしなければならないので、本腰を入れづらいですね。

一方、ちょうど物件の間取り・エリアのニーズを持つ買い手を知っている、等々の条件がはまれば、
しっかり動いてくれる業者もありますので、いろいろな不動産屋の話を聞いてみて専任にするかどうか
ご判断ください。

2023/02/26 17:23

この投稿は、2023年02月26日時点の情報です。

ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

活躍中の宅建士ランキング

ajnt

1位

阪口 修一

宅建士

大阪府

ajnt

2位

愛知県

ajnt

3位

佐野 友美

宅建士

静岡県

ajnt

4位

鷹野 泰子

宅建士

神奈川県

ajnt

5位

山内 和重

宅建士

新潟県

ajnt

6位

水野 崇

宅建士

東京都

ajnt

7位

小川 雄大

宅建士

東京都

ajnt

8位

橋本 好美

宅建士

東京都

ajnt

9位

宮﨑 慎史

宅建士

福岡県

ajnt

10位

小田 篤史

宅建士

兵庫県

ajnt

11位

東京都

※過去60日間の回答数を集計

※1ベストアンサー = 3回答分に換算して集計

※毎日午前0時に集計結果を更新

もっと見る

その他の『不動産売却Q&A』

Q.売渡承諾書の有効期限に関する質問

不動産売却 > その他不動産売却一般

①売渡承諾書の有効期限は通常どのようにどのくらい先の日に設定されるのでしょうか?

②売渡承諾書の有効期限内に故意に売買契約を締結しなかった場合、
 購入希望者に対して何らかの責めを負うことはあるのでしょうか?

③売渡承諾書の有効期限が切れた場合、どのような影響があるのでしょうか?

④売渡承諾書の有効期限を延長することはできるのでしょうか?


以上、ご回答よろしくお願いいたします。

回答 : 1

2023/03/14

Q.専任媒介を取り下げて一般媒介で契約することは可能ですか?

不動産売却 > その他不動産売却一般

専任媒介から一般媒介に変更したいです。契約期間の途中で解除?解約?を申し出れば不動産会社は対応してくれますか?断られることはあり得ますか?

回答 : 3

ベストアンサー

2023/08/28

Q.戸建、マンション等の住宅を売却する時の必要書類

不動産売却 > その他不動産売却一般

戸建、マンション等の住宅を売却する時の必要書類について教えて頂けますか。沢山ありそうです。

回答 : 2

ベストアンサー

2023/09/25

Q.自己破産申し立て後の任意売却の可否

不動産売却 > その他不動産売却一般

自己破産を申し立てた後に所有不動産を任意売却することはできますか?任意売却するタイミングとしては自己破産前がおすすめですか?

回答 : 2

2022/11/12

Q.転勤が決まったら自宅を売却か賃貸か

不動産売却 > その他不動産売却一般

千葉県に新築戸建てを建てたばかりですが、九州への転勤が決まりました。家族帯同で転勤先へ引っ越すこととしたため、持ち家を「売却する」または「リロケーションで貸し出す」の2択で悩んでいます。宅建士の視点から、それぞれのメリット・デメリットを教えてください。なお、転勤先では、借り上げ社宅に入居予定であり、転勤から戻る時期は未定です。

回答 : 2

2023/04/14

Q.遺産相続した不動産を売却する場合の仲介業者の選定基準は?

不動産売却 > その他不動産売却一般

親がかなりの高齢で遺産相続について考えておかなくてはならなくなりました。不動産売却する場合に仲介業者を依頼することになるかと思いますが、どのような基準で選べばいいのでしょうか?

回答 : 2

2023/10/29

Q.引き渡し猶予特約の期間について

不動産売却 > 住替え

お世話になります。

自宅の買い替えを近いうちにしたいと考えています。
売却の際に特約をつけることで引き渡し日を決済日よりも後にすることができると聞きました。

売却代金を引越し先の物件購入資金としたいので引き渡し特約をつけたいのですが、一般的に引き渡し猶予の期間設定はどのくらいが普通ですか。半年だと長すぎますか。

特約条件は、物件を売り出す際にこちらから明示するのが良いですか、それとも購入希望者が出てきてから個別に交渉する流れの方が良いですか。

アドバイスよろしくお願いします。

回答 : 1

2023/06/09

Q.生産緑地は売却できますか?売却する際の流れを教えてください。

不動産売却 > その他不動産売却一般

親の代から農業をしていますが病気で継続できなくなったため生産緑地を売却しようと考えています。
どのように売却できるかや税金面について教えてください。

回答 : 1

2023/07/07

もっと見る
質問する
OlivviA

日本最大級の
住まい相談ポータル