ログアウト

住まいQ&Aを検索

活躍中の宅建士ランキング

ajnt

1位

阪口 修一

宅建士

大阪府

ajnt

2位

愛知県

ajnt

3位

佐野 友美

宅建士

静岡県

ajnt

4位

鷹野 泰子

宅建士

神奈川県

ajnt

5位

山内 和重

宅建士

新潟県

ajnt

6位

水野 崇

宅建士

東京都

ajnt

7位

小川 雄大

宅建士

東京都

ajnt

8位

橋本 好美

宅建士

東京都

ajnt

9位

宮﨑 慎史

宅建士

福岡県

ajnt

10位

小田 篤史

宅建士

兵庫県

ajnt

11位

東京都

※過去60日間の回答数を集計

※1ベストアンサー = 3回答分に換算して集計

※毎日午前0時に集計結果を更新

もっと見る

Q.固定資産税評価額の調べ方を教えてください

物件の固定資産税評価額を知りたいのですが、どのような計算方法でしょうか。また評価額は定期的に変動するのでしょうか。

バゲット さん

回答

agentImage

朝倉 多恵子 宅建士,FP3級,賃貸不動産経営管理士

小舟ガーデン株式会社 | 愛知県

【バゲット】様

はじめまして朝倉でございます。

【物件の固定資産税評価額を知りたいのですが、どのような計算方法でしょうか。また評価額は定期的に変動するのでしょうか。】について

【調べ方】

* 固定資産税評価明細書を確認する
(毎年4月初旬頃おくられてくる)
* 固定資産評価証明書を入手する
(不動産が所在する市町村役場の窓口、もしくは郵送での取得が可能です。資産に関する個人情報であるため原則として不動産の所有者や関係者に限られています。)
* 固定資産課税台帳を閲覧・綜覧する
(固定資産のある市区町村の税務課窓口などで閲覧できます。個人情報を保護するため、固定資産課税台帳は固定資産の所有者や関係者でないと閲覧でない。)



【計算方法】


家屋の固定資産税評価額の計算方法

評点1点あたりの価額×床面積×単位面積あたりの再建築費評点×経年減点補正率

土地の固定資産税評価額

土地の面積×路線価


家屋の固定資産税

家屋の評価額×固定資産税税率1.4%(標準税率)
※固定資産税の税率は各自治体のホームページをご覧ください。
※家屋に対する固定資産税評価額は、登記後にどんな家なのかを自治体の担当者が一軒ずつ訪問し、確認したうえで決められている立地や広さや構造などさまざまな要素で変わるので自分では出せない。

【決め方】

土地と家屋では別々に評価を市町村が総務大臣が定める「固定資産評価基準」による基準で決めます。


【流れ】

1. 用途地域や状況が類似しているものごとに地域の区分けを行う
2. 区分けした地域において指標となる街路を選ぶ
3. その街路に隣接する宅地から標準宅地を選ぶ
4. 標準宅地に地価公示価格の7割を目途として時価を設定する
5. 標準宅地の時価に基づいて、主要な街路、その他の街路の路線価を設定する
6. 路線価を基に、個々の宅地に対して奥行価格補正等の計算を適用する
7. 宅地ごとの評価額が決定する

【固定資産税評価額とは】
固定資産税の税額を決める際の基準となる評価額のことを言います。この評価額は3年に一度見直される

【まとめ】

固定資産課税台帳を閲覧・綜覧した上で近隣の毎年4月1日から最初の納期限の日までの間、固定資産税の納税者が自分の土地や家だけでなく、他の納税者の土地や家屋の固定資産税評価額を見ることができる「縦覧制度」が設けられており、固定資産縦覧帳簿(台帳)で確認できる。同じエリアのほかの土地や家屋と比較してみて、あまりに大きな違いがある場合、自分の土地や家屋が適正に評価されているかの審査の申し出をすることできます。



以上です。

2024/02/03 08:33

回答

agentImage

山内 和重 宅建士,FP1級,CFP®️,公認 不動産コンサルティングマスター

不動産コンサルタント | 新潟県

物件の固定資産税評価額の調査方法についてお答えします。

①物件の所有者(または委任を受けた者)が、物件の所在する市町村に固定資産税評価証明書取得する

②評価額を概算で算出する方法
土地の場合
⇒国税庁ホームページ閲覧できる「路線価」を活用する
⇒固定資産税評価額(概算)=路線価額×87.5%(路線価額は時価の80%、固定資産税評価額は時価の70%)
建物の場合
⇒東京法務局「経年減価補正率表」を参考にする
https://houmukyoku.moj.go.jp/tokyo/content/001255473.pdf
⇒建物固定資産税評価額(概算)=延床面積×評価額×経年減価補正率

②の方法は、あくまで参考価格として算出するものですので、正確な評価額を知るには①の方法をとってください。

固定資産税の評価は、3年に1度、評価替えがあります。

以上、参考にしていただければ幸いです。

2024/02/07 22:36

この投稿は、2024年02月07日時点の情報です。

ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

活躍中の宅建士ランキング

ajnt

1位

阪口 修一

宅建士

大阪府

ajnt

2位

愛知県

ajnt

3位

佐野 友美

宅建士

静岡県

ajnt

4位

鷹野 泰子

宅建士

神奈川県

ajnt

5位

山内 和重

宅建士

新潟県

ajnt

6位

水野 崇

宅建士

東京都

ajnt

7位

小川 雄大

宅建士

東京都

ajnt

8位

橋本 好美

宅建士

東京都

ajnt

9位

宮﨑 慎史

宅建士

福岡県

ajnt

10位

小田 篤史

宅建士

兵庫県

ajnt

11位

東京都

※過去60日間の回答数を集計

※1ベストアンサー = 3回答分に換算して集計

※毎日午前0時に集計結果を更新

もっと見る

その他の『法律と税金Q&A』

Q.道路に面していない土地に家を建てる方法はありますか?

法律と税金 > 宅建業法・その他法律一般

160平米ほどの袋地を所有しています。祖父が広い土地を分割した際にできてしまった袋地で、ずっとほったらかし状態で草がボーボーです。

道路に面していない土地には建物を建てることができないと聞いたのですが、建築できる方法は何かありませんか??


ちなみに、この袋地の南側から公道に出るための土地は親族が家を建てて住んでいますが、カーポートの後ろの低い柵を跨げば簡単に行き来できます。

回答 : 1

ベストアンサー

2022/09/26

Q.信託受益権と所有権の違いは何ですか?

法律と税金 > 宅建業法・民法・その他法律一般

信託受益権と現物不動産の所有権との違いについてご解説お願いします。

回答 : 2

ベストアンサー

2024/02/13

Q.建物表題登記はなぜ土地家屋調査士に依頼する?

法律と税金 > 不動産契約・不動産登記

自宅を新築した際に土地家屋調査士の先生に建物表題登記をして頂きました。その後、司法書士の先生に所有権保存登記をして頂きました。そのときふと疑問に思ったのですが、建物表題登記は登記申請の仕事なのになぜ司法書士でなく土地家屋調査士に依頼することになっているのでしょうか。よろしくお願いします。

回答 : 1

ベストアンサー

2022/08/20

Q.建築物の意匠とは何ですか?

法律と税金 > 宅建業法・その他法律一般

https://www.re-port.net/article/news/0000071843/

こちらの記事を読んで、建築物の意匠権という概念を初めて知りましたが、いまいちよく分かりません。

たとえば、不動産デベロッパーが自社の開発した建築物について意匠権を取得できたとして、どのような取得メリットがあるのでしょうか??

よろしくお願いいたします。

回答 : 1

2023/03/07

Q.配当要求終期の公告とは?

法律と税金 > 抵当権・強制執行・差押え

競売手続における配当要求終期の公告について、その内容や閲覧方法など分かりやすく教えてください。

回答 : 1

2023/02/04

Q.宅建業法を学ぶ際オススメのテキストを教えてください

法律と税金 > 宅建業法・その他法律一般

宅建の資格で勉強する際テキストはかなりの数がありますが宅建業法だけを学びたい時の
オススメのテキストを教えてください

回答 : 2

2023/02/23

Q.重要事項説明書を電磁的方法により提供するには?

法律と税金 > 宅建業法・民法・その他法律一般

以下質問です。よろしくお願います。

①電磁的方法により提供するにはあらかじめ相手方から承諾を得る必要があるそうですがこれは絶対ですか? 
②相手方からの承諾は口頭でも足りますか?
③電磁的方法とは、具体的にどのような方法を意味しますか?重要事項説明書をPDF化してメール添付でOKですか?

回答 : 1

2023/12/08

Q.重説の「金銭の貸借のあっせん」とは?

法律と税金 > 宅建業法・その他法律一般

不動産売買の重説で「金銭の貸借のあっせん」の項目に必ず記入しないといけない場合とはどのような場合ですか?

不動産会社から金融機関の紹介を受ける場合で、斡旋に当たるか当たらないかを区別する明確な基準は存在するのでしょうか?

回答 : 2

ベストアンサー

2023/06/21

もっと見る
質問する
OlivviA

日本最大級の
住まい相談ポータル