ログアウト

活躍中の宅建士ランキング

ajnt

1位

橋本 好美

宅建士

東京都

ajnt

2位

杉谷 健悟

宅建士

東京都

ajnt

3位

石原 靖也

宅建士

愛知県

ajnt

4位

宮﨑 慎史

宅建士

福岡県

ajnt

5位

佐野 友美

宅建士

静岡県

ajnt

6位

山内 和重

宅建士

新潟県

ajnt

7位

宮本 弘幸

宅建士

石川県

ajnt

8位

東京都

ajnt

9位

水野 崇

宅建士

東京都

ajnt

10位

髙嶋 雅英

宅建士

千葉県

ajnt

11位

阪口 修一

宅建士

大阪府

※過去60日集計

※1ベストアンサー = ありがとう!3回分に換算して集計

もっと見る

Q.不動産領域特化型のクラウドソーシング的なサービスのニーズはあると思いますか?

宅建士の方々が不動産仲介以外の手段でマネタイズできるwebサービスがあれば便利だと思うのですが、いかがでしょうか。具体的には、たとえば以下のようなメニューからユーザーが固定報酬型の依頼作成をして宅建士ワーカーを募集できるサービスがあればとても便利なのではないかと考えます。

①賃貸及び売買の契約書チェック
②不動産写真撮影代行
③不動産現地調査代行 
④重説作成代行
⑤不動産系記事のライティング業務
⑥オンラインコンサルティング
⑦内見同行依頼
⑧セカンドオピニオン査定

ワーカーの登録条件は、宅建士免許を保有していること。さしづめ、ビザスク&クラウドワークスの宅建士版といったところでしょうか。皆様方のご意見をお聞かせ頂けましたら幸いです。

man

ナイトライダー さん

宅建士にありがとう!を送りました

回答

宅建士で行政書士の佐野と申します。

【回答】
一般消費者、宅建業者、ともにニーズはあります。

実際に私は、他の宅建業者様の営業サポート、契約関係書類作成及びチェックを報酬を得て行っております。

しかしこれらニーズは、現時点では一部を除き潜在的なものと認識しております。

特に①、③、④については、
複数の宅建業者との複数の取引経験が無いと、「宅建業者さんによって、調査や書類作成の品質に差がある」という事に気付くことは稀です。
このため「別途費用をかけて調査やチェックを依頼する」という発想に、なかなか至らないものと思います。
不動産の調査については、令和6年からの相続登記の義務化により、ニーズが顕在化するのではないかと思っております。

②は宅建士の知識・経験というよりは、「物件の見せ方」という営業的な発想や、美的感覚が重要な気がします。

⑤は既にクラウドソーシングなどで多数の募集があり、ニーズがあると判断できます。

⑥についても、数は少ないながらも募集があり、実際に私もサービス提供した経験があります。

⑦は賃貸・売買ともにニーズがありそうです。賃貸管理の部署での「入居前点検や退去立会」、売買の部署での「重要事項説明書・告知書・付帯設備表などを作成」を経て、内見時に抑えるべきポイントを熟知している人は多いと思います。これは借りる方・買う方の契約の判断の助けになると思います。

ただし⑧については、「不動産の鑑定評価に関する法律」に抵触する可能性が高いので、査定技術のみを収益化することはできないと思います。

ありがとう!

2022/10/09 00:15

man

ナイトライダー さん

貴重なご意見ありがとうございます。参考になります。

2022/10/09 11:02


回答

agentImage

西出 大和 宅建士

不動産コンサルタント | 東京都

宅建士側としては、魅力的だと思います。

不動産業者として独立して働くのであれば、生活費を補うための
収入源として、色々な方法論があることはありがたいことだと思います。

会社員として働いている立場であっても、副業先の一つとして十分に
検討に値すると思います。

依頼する側としては、その人が信頼するに値するかどうかということが重要になると思います。
特に、重要事項説明の作成については、

賃貸借契約書の事前チェックなどは、確認するポイントも
ある程度決まっているので(入居中・もしくは退去時の費用負担及び
その他契約上入居側に著しく不利な特約がないか、等)比較的
容易かつそこまでの責任の重さもないため良いと思います。
内見同行や査定のセカンドオピニオンも同様かと思います。

写真撮影代行等は、他でもあるのであまりここでやる意味は
ないかもしれません。

クラウドソーシングサービス全般に言えることですが、
供給側と需要側をそれぞれどれだけ多く集めてマッチング
させるかが重要かと思います。

ありがとう!

2022/10/09 13:11

man

ナイトライダー さん

貴重なご意見ありがとうございます。参考になります。

2022/10/09 14:22


回答

ナイトライダーさん

はじめまして。
覚王山不動産販売の石原と申します。

さて、すべて金額次第かと存じますが、

①賃貸及び売買の契約書チェック
→親族売買や、宅建業者ではない大家さんが直接借主に貸す際の契約書でニーズはあると存じます。

②不動産写真撮影代行
→相続等で物件所在地が遠い地主に需要はあると存じます。

③不動産現地調査代行 
→こちらも、東京で相続した地主が、愛知県の物件を調べて欲しいなどの場合に需要はあると存じます。写真撮影や現地調査は、ある程度ひな形をクラウドで共通化して、もれ等がないように(宅建士ごとに調査範囲内容がぶれないように)されても良いかもしれません。

④重説作成代行
→親族間売買で、銀行融資を受けるためにという需要はあるので、良いと思われます。

⑤不動産系記事のライティング業務
→私もさせていただきたいです。

⑥オンラインコンサルティング
→セカンドオピニオンや、ただ将来に備えて知りたい、でも店舗に行って強引な営業を受けたくない人などで需要あると思われます。

⑦内見同行依頼
→売主業者が両手取引狙いでその物件をそこの業者からしか買えない(違法ですが)場合やセカンドオピニオンとしてあると思われます。

⑧セカンドオピニオン査定
→十二分にあると思います。とは言え、査定サイトを通常使うと色々な業者が査定額を出すので、差別化としては、先にどこかの不動産屋に強引に媒介契約を結ばされた場合の不安要因解消などであるかもしれません。

いずれも、宅建士のギグワーカー化として面白いサービスかと存じます。

よろしくお願い申し上げます。

覚王山不動産販売 石原

ありがとう!

2022/10/10 19:09

man

ナイトライダー さん

貴重なご意見ありがとうございます。参考になります。

2022/10/11 08:31


この投稿は、2022年10月10日時点の情報です。

ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

活躍中の宅建士ランキング

ajnt

1位

橋本 好美

宅建士

東京都

ajnt

2位

杉谷 健悟

宅建士

東京都

ajnt

3位

石原 靖也

宅建士

愛知県

ajnt

4位

宮﨑 慎史

宅建士

福岡県

ajnt

5位

佐野 友美

宅建士

静岡県

ajnt

6位

山内 和重

宅建士

新潟県

ajnt

7位

宮本 弘幸

宅建士

石川県

ajnt

8位

東京都

ajnt

9位

水野 崇

宅建士

東京都

ajnt

10位

髙嶋 雅英

宅建士

千葉県

ajnt

11位

阪口 修一

宅建士

大阪府

※過去60日集計

※1ベストアンサー = ありがとう!3回分に換算して集計

もっと見る

その他の『不動産業界Q&A』

Q.宅地建物取引士賠償責任保険に加入している業者の方が安心ですか?

不動産業界 > 不動産会社

自宅の売却の媒介を依頼する不動産業者選びで、業者が宅地建物取引士賠償責任保険に加入しているかどうかはチェックすべきポイントですか?

回答 : 1

ベストアンサー

2022/11/08

Q. FP1級、2級、3級の違いや難易度について

不動産業界 > 不動産ビジネス

宅建士の方の名刺を見るとFPを持ってらっしゃる方が結構いらっしゃいますが、私はFPの勉強をしたことがないので級の違いがよく分かりません。各級でどのくらい難易度が違ったり、各級でできる仕事の幅がどのくらい違ったりするのか知りたいです。よろしくお願いいたします。

回答 : 2

ベストアンサー

2022/12/01

Q.現在の不動産業界でも名義貸しをしている人等いるのでしょうか?

不動産業界 > 不動産会社

宅建の有資格者が名義を貸し月二、三万副業みたいな感じで収入を得ていた事が過去にありましたが現在でも居るのでしょうか?

回答 : 1

2023/01/10

Q.宅建士と建築士への仕事の依頼や能力の違い

不動産業界 > 不動産ビジネス・不動産系資格

同じ住宅関係の専門家に思えますが、どう違いますか?逆に共通していることもありますか?

回答 : 2

2023/01/15

Q.家賃保証契約を巡る「追い出し条項」違法判決の賃貸業界への影響について

不動産業界 > 業界ニュース・市況

今回の最高裁判決の内容の納得感や今後の不動産賃貸業界への影響など、現場の宅建士さん目線での感想やコメントを頂けましたら幸いです。

https://www.rakumachi.jp/news/column/302479 https://kabumatome.doorblog.jp/archives/65955635.html 

回答 : 3

2022/12/16

Q.住宅ローンアドバイザーの資格の取得メリット

不動産業界 > 不動産ビジネス

この資格は簡単に取得できますか。取得メリットのある資格ですか。

回答 : 1

2022/11/13

Q.売買・賃貸、どの不動産屋が安いのか?それとも価格は同じか?

不動産業界 > 不動産会社

賃貸にしても、売買にしても、様々な不動産屋が同じ物件を扱っている様に思えます。どこから買う・借りるのが安いですか?それとも、どこで対応してもらっても一緒ですか?

回答 : 1

2023/01/18

Q.土地転がしは儲かるビジネスですか?

不動産業界 > 不動産ビジネス

1980年代後半のバブル景気の頃には土地転がしで儲ける人がたくさんいたそうですが、令和のこの時代でも土地転がしで儲けている人や業者はそれなりにいるのでしょうか。

回答 : 2

2022/11/13

もっと見る
質問する
OlivviA

日本最大級の
住まい相談ポータル